淡路島のブラタモリの放送が終了!
2週に渡った淡路島での
ブラタモリの放送が終わりました。
どちらも淡路島日本遺産の父である
淡路市役所の伊藤さんが
案内をされていて、
なんとも誇らしく、嬉しかったー!
伊藤さんは淡路島の弥生時代の
銅鐸、土器、遺跡の歴史を、
「海人族のストーリー」へとつなげて、
日本遺産の認定へと導いた張本人。
僕も淡路島日本遺産や
舟木地域の活性化で、
ご一緒させていただいているのですが、
いつも穏やかで、知識豊富で、
「歴史のおもしろさを広く伝えたい」という愛情をとっても強く
胸の中に持っている方なのです。
我々が2016年から取り組んできた
「古事記の冒頭を飾る淡路島」の
歴史的な魅力について、
何よりもなかなか興味を
持ってもらうのが難しい
300年前後の弥生時代のについて、
とってもわかりやすくブラタモリの
取材班が伝えてくださっていて
もう、これだけを放映し続けたら
全てが解決するんじゃないかなんて、
プロの編集力に驚いておりました(笑)
 ※でも、、、著作権がNGなので、
  使い続けられないのだけど。
コロナでなかなか前進しない6年目。
伊藤さんとタモリさんが、
うれしいニュースを届けてくれました。
お知り合いがいっぱい登場していて、
ずっとニヤニヤしておりました。

おすすめの記事