幸南食糧さんでの大阪市内の野菜を使ったワークショップ、終了
大阪市の都市農業の可能性を伝える
ワークショップ、、、
今年度の取り組みが
無事に終了しました!
2/23(祝)のエディブルフラワーの寄せ植え体験に次いで、
今日は、對中 剛大さんを
ゲスト講師に招いた
幸南食糧さんでの
ロールキャベツの料理体験と
おむすび作りワークショップでした!
大阪市内産のキャベツが大活躍!
参加してくださったファミリーは、
初めて目にする工場の見学と
お肉と野菜をまぜまぜしたり、
おむすびをにぎにぎしたりする
盛りだくさんな体験を
楽しんでくださいました!
コロナ禍で、予想外にも、
緊急事態宣言中の開催になりましたが、
幸南食糧さんのおかげで、
日本食糧新聞さん、
日刊経済新聞さんにも取材いただき、
市内の野菜の発信としては、
とてもありがたい1日でした!
多くの人が口にする
「市内に農業があるなんて
まったく知らなかった」ということが
ゆっくりとしたスピードですが、
「初めて知りました!」に変えるべく、
コツコツと進めてまいりまーす!
さぁ、次なるチャレンジは、
「ドライエディブルフラワー」の
商品化だ!
参加してくださった皆さん、
関係者の皆さん、
ありがとうございましたー!

おすすめの記事