「日経SDGsフェスティバル大阪・梅田」への登壇が終了しました
日本経済新聞社主催の
「日経SDGsフェスティバル大阪・梅田」、
3日目の「SDGs万博・未来構想 
~持続可能なまちとくらし~」に登壇。
オンラインということで、
サービスグラント堀さん、
Homedoor川口さんとの
クロストークも、
複数台のカメラと、
オペレーションのスタッフさんたち、約20名くらいに囲まれ、
テレビ局での撮影・収録さながらの
空間の中で行われました。
事前申し込みだけで
DAY3は3000人以上(驚!
これだけで緊張してしまう上に、
登壇した内容は
アーカイブ動画として
一年ほど残されるとお聞きして、
何よりもSDGs時代に配慮した
「言葉)を選んで話さないと、、、と、
そんなところにも、
ドキドキしておりました。
今回、一番うれしかったのは、
声をかけてくださった西本さんと、
数年ぶりに再会できたこと。
そして、お互いにゆっくりと
歳を重ねていることを
笑顔で共有できたこと。
次にうれしかったのは、
モデレーターとして登壇する中で、
10年以上の付き合いのある
堀さん、川口さんと壇上に立てたこと。
ーーーーーーーーーー
今はまさに、
コロナ禍とSDGsという
時代の大きな変化の局面に
立っていて、
でも、資本主義経済は、
社会の少しだけ奥にある
社会課題や困窮に、
目を向けていないというより、
視界に入ってすらいない現実もあって。
今回の登壇では、まさに、
「現場を伝え、目を向けてもらう」こと、
「企業と団体、個人を超えて、いかにつながれるか」について、
何度も何度も繰り返し、
発信させていただきました!
ーーーーー
昨年、大阪ガスの南さんと
一緒に作った「無関心を関心に」
というメッセージ。
現代に生きる人たちの心の中に
「関心」生み出すというのは、
とてつもなく難しいことですが、
これからも、
自分たちのできる範囲を
ちょっと飛び越えつつ、
「無関心を関心に変えるため」に、
挑みつづけたいと、
強く強く思いました。
【アーカイブ動画】
日経フォーラムDAY3 社会起業家パネルディスカッション
「コロナ禍の現場の声を聴き、誰もが関わることのできる明日の一歩へ」
【NPO法人チュラキューブ】

おすすめの記事