トップページへ戻る

はたらくために必要なことを
じっくり学んで、
自分がはたらく会社を
ゆっくり見てみて、
私が私らしくあるための未来を
さがしに行こう!

大切にしていること

就職に向けて、今できることを一歩ずつ、しっかりとはじめていきましょう。

  • SSTの考えを取り入れた、実践的な作業

    SST(ソーシャルスキルトレーニング)をより実践的に学べるように、様々な作業を準備しています。挨拶の仕方や、声のかけ方、応え方など、作業を通してコミュニケーション能力を高めていきましょう。

  • 得意なことを見つける

    事務補助、清掃など、「はたらく」といっても職種はたくさんあります。 「自分はこれだ」と決めつけず、まずは幅広く作業を経験していただきます。たくさんの経験や体験の中から、自分の「得意」を見つけられるようにお手伝いします。

  • 専門機関と連携した、二人三脚の定着支援

    新しい仕事の探し方、体調の管理方法、困ったときの相談など、就職に向けて訓練を続ける皆さんが、安心して暮らしていけるように、役所、相談支援、職業紹介所など、様々な支援機関と連携をしています。

  • 都心にあるからこそ、

    連携できる企業がたくさんあります

    GIVE&GIFTは、大阪のビジネス街・淀屋橋にあります。都心のオフィス街だからこそ、実習先の企業がたくさんあるのはもちろん、これから自分がはたらくイメージをより具体的に実感できるのです。

就労までのステップ

GIVE&GIFTでは、あなたの得意を見つけられるように、様々な作業を提供しています。

  • 施設になれること、通い続けられるようになることから始めましょう。
    「就職したあと、どんなペースではたらけるかな?」を想像しながら、スタッフと一緒に通所日数や時間を決め、はたらくために必要な力をじっくり身につけていきましょう。

  • 「企業ってどんなところ?」「はたらくってどういうこと?」を一緒に考えながら、安心してはたらくために、必要なことを身につけていきましょう。
    ビジネスマナーを学んだり、実習に行ったりしながら、自分にぴったりの仕事を見つけましょう。

  • 今まで身につけてきたスキルやコミュニケーションを活かしながら、
    「はたらいてみたい!」と感じた企業への就職活動をスタートしましょう。
    希望する職種の企業のことをもっと知って、就職活動にチャレンジしながらはたらく準備を進めましょう。

  • 慣れない環境に足を踏み入れるのだから、就職した後も不安になって当然。
    GIVE&GIFT では、就職した後でも企業の担当者や支援機関と連携をはかりながら「長くはたらき続けられるように」支援していきます。

1日のスケジュール

個々の目標や健康状態、スキルに応じて、利用時間や利用日数を一緒に考えていきます。

通所を始めたばかりのAさんは、まずは環境に慣れながら、就職に役立つ準備をしていきます。希望があれば小まめな面談も行います。

就活がイメージできてきたBさんは、職員とハローワークへどんな仕事があるのか調べに行ったり、具体的な就職へのイメージをつけていきます。

まずは生活リズムをつくっていきたいCさんは、午後からの通所でスタートします。どんな目標を掲げ、何に取り組むか、職員としっかり話し、今できることからはじめています。

工賃・交通費について

はたらくための訓練の場だからこそ、就労継続支援(B型)でも、就労移行支援でも、工賃と交通費を支給します。

がんばった分だけ、きちんと工賃を支払います。

施設の授産商品の売り上げ、請け負いで生まれた利益から算出された金額が、そのまま工賃になる作業所がほとんどですが、当施設では売り上げに左右されず、あなたが毎日通所し、きちんと作業をがんばった分だけ工賃を支払うというスタイルを取っています。

「週に5日通えば、最低でも
全国平均を超える1万5000円が手に入るように」。
それがGIVE&GIFTの工賃の考え方です。

そして、通所する楽しさや達成感を得ながら、工賃の全国平均を上回る金額を支給できるよう、2つの加算方法を導入することにしました。

就労移行支援事業所は工賃なし?
交通費は利用者負担?
それって、利用者さんの負担が大きすぎない?

一般的に、就労移行支援事業所に通っていても、工賃は支給されない場合がほとんどです。そして、通所するための交通費は、全額を利用者の負担にしているケースが多くみられます。

もちろん、障がい者には行政からの支援があるので、
大阪市内に住んでいる方であれば、地下鉄やバスへの乗車賃に
補助が適用されるという、ありがたい制度もあるのですが、、、。
でも、住んでいる場所が大阪市内じゃなかったら…?
実際は、市ごとに内容の異なる制度があるので、補助がある場合、ない場合など、
負担のカタチもさまざまだったりします。

例えば、月に20日、作業所に通って、10,000円の工賃を手に入れることができたとしても、
交通費に10,000円かかってしまったら、手元にはまったく残らないことになる。
実は、そんな話、障がい者福祉の世界では、珍しくはないのです。

私たちは、初めてこの話を聞いたとき、とてもビックリしてしまいました。

一生懸命、未来に向けてはたらく訓練をしているのに、
きちんとがんばった分だけ工賃が支給されるのに、
手元には何も残らないという現実があるなんて。

就職をしたら、多くの場合、交通費ははたらいている企業から支給される。
だったら、福祉作業所に通っている時も、企業と同じように交通費を全額支給しよう。

社会の中ではたらいていくことを目的にした福祉作業所だからこそ、
障が者福祉にとっては「珍しいこと」を、私たちにとっては「ふつうのこと」にしていこう。
これも、GIVE&GIFTが考えている、障がい者福祉の支援のカタチです。

利用契約の流れ

利用をお考えの方、ご質問のある方は、お気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ

    まずは、お電話などで見学・面談の日時をお問い合わせください。

  • ▶︎
  • 見学・面談

    実際に事業所を見ていただき、作業所の雰囲気、作業内容をご確認ください。

  • ▶︎
  • 体験利用

    長く通所するためにも、契約前に1日~1週間程度の体験利用をおすすめしております。

  • ▶︎
  • 利用契約

    体験利用後、利用契約をさせていただきます。通所にあたって必要資料を作成します。

  • ▶︎
  • 利用開始

まずは、GIVE & GIFT へ見学にお越しください。

見学のお申し込みは、随時受け付けております。必ず事前にお電話・メール・またはFAX にてご連絡ください。
事前連絡なしのご来所は、ご見学いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。

電話でのお問い合わせ

06-6226-8772

受付時間 平日 9:00 ~ 18:00

FAXでのお問い合わせ

06-6226-7998

下記よりメールでのお問い合わせも受け付けております。

お問い合わせ