トップページへ戻る

2018.03.05

3月3日のひな祭りイベント、大盛況でした!

ACE89108-78EE-4D2A-B013-BCC1FFB09151 3FA21850-179B-409E-847E-CCD292D0F2F8 7AFDD9A1-74D1-4E51-93DB-0B0CA0F88C21 93034270-6ECC-4CA0-86F0-135186E134BC 9B8DD6D7-EF51-4E2C-A42D-D5A21595BF14

【福祉施設でひな祭りの料理をつくろう!】

障がいのある子どもたちが、
18歳以降に進む可能性のある福祉施設。

当事者である子どもたち、
そして、保護者の皆さんに、
自然な形で福祉施設を体感してほしいと

NPO法人二枚目の名刺に賛同した
ボランティアの皆さんとともに生まれた
この企画、、、。

4カ月の準備期間を経て、
先日、無事に開催されました!

GIVE&GIFTに通う利用者さんが、
子どもたちを目の前に、
お兄さん、お姉さんになれるように。

参加する子どもたちは、
福祉施設での体験を
思い出にしてもらえるように。

そして、保護者の皆さんには、
先輩ママのお話を聞いたり、
施設への理解を深めてもらえるように。。。

たくさんの願いを込めたイベントは
にぎやかに、また美味しく、
終えることができました!!

ボランティアとして、
たくさんのサポートをしてくれた
皆さんにとっても、

とても密度が濃く、
障がい者福祉に間近で
触れることができた一日になったみたい★

今回、広報としては、
支援学校や小学校の支援学級、
放課後等デイサービスに、
郵送物を送ったり、電話をかけたり、
たくさん応援をしていただきました。

その中でも、改めてみんなで痛感したのは

受け皿となる学校や施設の理解が、
やはり、とても遠いところにある、
ということでした。

どうすれば、福祉施設の中にある可能性を
小さな子供を持つ保護者の皆さんに
考えたり、感じてもらうことができるのか。

どうすれば、学校では
なかなか学ぶことができない
「子どもが大人になった時」に備えて、
今からできることを実感してもらえるのか。

答えが少し見えたような、
見えなかったような一日でしたが、
小さな一歩を、たくさん前に進められたようにも感じました!

協力いただいた皆さん、
協賛をしてくださった皆さん、
参加してくださった皆さん、
GIVE&GIFTのみんな、
本当にありがとうございましたー!