トップページへ戻る

2018.03.23

土曜通所は「大阪くらし今昔館」へ

1DD0C7B3-1714-45BE-8C8F-E1ABD097CA6F 5F5D21A0-2801-437A-9744-6DB92B56E778 26F6F42A-9CC9-4017-AEEC-474295291E5F 34B99380-DBB5-4C1A-B3E8-1C55746DE8AD

今月の土曜通所は、
大阪の昔の暮らしや文化を知ることも
とっても大切!
ということで、「大阪くらしの今昔館」へ。

中に入ると、さっそく江戸時代の
大阪の町並みが広がります。

当時の町中を歩きながら家の中まで散策し、

「こんなに狭い家に住んでたんだね」
「昔のおもちゃがある!どうやって遊ぶんだろう」
「タワシが縄で編んである。これで汚れを落とすの?」

とたくさんの発見と体験をしました。

明治から昭和の町の様子は
ジオラマで全体を見渡し、
実際の冷蔵庫やガス炊飯器、
トースターを見ては、

「へ~こんなの使ってたんだ~」

と、自分たちの今の暮らしとの違いを感じていました。

企画展では天井まで続く階段に、
ひな人形600体が勢ぞろい!
圧巻です!

ひな人形を使ったおままごとで家事を学ぶなど、
すっかりお飾りとなってしまった
今では考えられないことを知ったりで、
興味深々でした。

このエリアはやはり女性陣が
「キャーキャー」楽しんでいたように
見えました。

GIVE&GIFTの利用者さんには
新しく感じることが、

その当時は当たり前で
戦後は特に物どころか家もなくて
だけど工夫をして楽しく暮らしていたんだって、
いろいろ様子を感じることができました!