トップページへ戻る

2018.02.15

京都市の伝統工芸×福祉が京都新聞に掲載!

C4491B82-AC81-4282-B93E-A2E72BC5EF73 51A8B004-9524-47C8-931B-405BD93E175B 4D387922-F708-41BE-ACBD-5AB7EE1FCD16 139A083B-800D-4D11-98B4-78369186F60F

【伝統工芸×障がい者福祉】

株式会社種田さんのご協力のもと、
「京鹿の子絞り」の体験会を
無事に終えることができました。

体験された障がいのある方々は、
午前の部、午後の部あわせて28名。

針と糸を使って「糸縫い」の基礎的な工程、

伝統工芸士さんをお招きしての
「絞り」の職人技の見学、体験。

参加者さんも驚くほどの
高い興味をもって
なかなか見ることができない
京鹿の子絞りの世界に
一歩近づいてくださいました★

そして、やったー!!!
京都新聞さんに取り上げていただけたー!!

まだまだ、表面しか理解できていない
京鹿の子絞りの世界、、、。

歴史的にも技術的にも、
奥の深さにクラクラしてしまいますが、

誇り高い伝統工芸の世界に
福祉がどう関われるかを
今一度、考えていきたいと思います。

種田さん、上村さん、
縫い子としてサポートしてくださった皆さん、
ありがとうございましたー!!