トップページへ戻る

2018.02.12

アメニティーフォーラムに呼んでいただきました

3C9EBE48-F5E2-4BA4-B3B6-68254E3BB980 0839BD8A-25B5-4D63-A14C-8EFF2EDA9D33 194627C6-EDDF-4C7F-B01D-1969DEDDE0B6 22B84BCE-AE0E-4F9A-A01C-4BD62892405E

大津で22年もの間、
開催しつづけている
アメニティーフォーラム。

アサダワタル氏に呼んでもらえて、
21時30分〜24時30分という
謎すぎる時間の前半戦を、

横浜のカプカプの鈴木さん、
手をつなぐ育成会の委員の又村さん、
そして、進行役のアサダワタルさんと
お話をさせていただきました★

ーーーーーーーーーー

ともに登壇をしていた
横浜のカプカプさんは生活介護、
GIVE&GIFTはB型。

生活系と就労系では、
利用者さんのことを、
どう大切にしていくかの軸が
全く違うのだけど、

アサダワタル的視点で見ると、
根底にあるものが、
この2つの施設は近いとのこと。。。

お話をしてみると、
確かに根底は近い。

その中でも同じ意見を示していたのは、

福祉職員が、
障がいのある利用者さんの未来を応援するために、
福祉の世界だけでなく、

いろんな出会いと、
いろんな経験を重ねて、
自分たちが人として、
厚みを持っておくべきだと、

双方がかなり真剣に
感じているということでした。

これってね、

福祉の世界だけでなく、
学校の先生も企業の営業マンも、
デザイナーも行政マンも、
きっと同じで、

厚みのある人生を
送ろうともがいている人こそ、
道を迷っている人たちに、
差し伸べられる手が大きいに違いない。

そんなことを、改めて福祉の世界にも
伝えつづけていきたいと思えた
鼎談でした。

アサダさん、皆さん、
GIVE&GIFTにお声がけをいただき、
ありがとうございました!